カラー毛特有のパサつき

こんにちは!Joeです!!

先月まではバタバタでやっと2月に入り落ち着きました!!

良い意味で忙しく充実しておりましたが、なかなかハードでした^_^;

さて、年も変わり皆様いかがお過ごしでしょうか??

インフルエンザもかなり流行っているようですね!!

お陰様で我々はかからずに済んでおります!!

最近の乾燥もひどいですね!だかれインフルエンザも流行るのでしょうけど、髪もパサパサでツヤもなくひっかかってしまう。そんな方々とかに多いです!

特にハイトーンのカラーをすると引き換えにもれなく付いてくるパサつき…

何とかしたいですね。

今回はそんな方々のbefore   after   を特集します。

カラー剤はアルカリ剤を主に使用します。

ご存知の方も多いかと思いますが、アルカリ剤とは髪の毛を膨張させてキューティクルを開き内部に薬を浸透させて色を抜きながら色味を入れていきます。

その事により内部のタンパク質(ケラチン)が出て行ってしまし乾燥毛になる。

簡単に説明するとざっくりこんな感じです。

最近だと傷まないでやればやるほど髪の毛が良くなるというカラー剤も耳にしますが、嘘です!!!!絶対にありえません。これだけは断言できます。

ですので安心して毎回毛先までカラーをするようなことはしないでください。勿論そんなこと言っても綺麗にカラーが入っている髪の方が好きという方もいますので絶対にダメとは言いませんが、やればやっただけのリスクがあることだけは理解しておいてください。

ファッションとは自己表現だと僕は思っておりますので、傷もうが変だろうが自分の今の気持ちの表現だと思いますので否定はしません。ただ、何事にもリスクがありますのでそこだけは覚えておいてください。困った時はど連絡ください。出来る限りの事はさせて頂きます。

 

what is damagebuster ?

主に一人でやっておりますのでお電話に出れない場合があります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

予約

一人で悩まずにお気軽のご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です